シェアする

脂肪燃焼スープで-7kg!体重が重い人にほどおすすめの食事療法

筋トレやランニングを始めたいけれど運動をすると膝が痛くなってしまったり、腰をいためてしまってまともに運動をする事が出来ないという人もいます。

昔から運動をしていてある程度トレーニングをするのにも抵抗がないという人ならば底まで心配は要りませんが、やはりあまり運動が得意ではなくてさらに体重が90kg以上ある人はいきなり激しい運動をすると体を壊してしまう危険性があります。

男性の場合、運動をして体を動かして痩せるというのが一番リバウンドもしづらいですし、かっこいい体型になるので筋トレや運動をするのは一番です。

しかし、いきなり運動しなれていないで体重が重い人が体を動かせといっても難しいですからまずは体重を軽くするということが大切です。

そのためにして欲しいのが脂肪燃焼スープダイエットです。

脂肪燃焼スープはもともと心臓外科手術前に体重を落とす必要があった肥満の患者に対して健康的かつ短期間で痩せるための方法として病院で出された食事が元になっていると言われています。

ですので食事制限をする=体に悪いというイメージがあるかもしれませんが、この脂肪燃焼スープに関して言えば一週間をかけて体にある悪いものを吐き出しつつ健康的かつ短期間で痩せられるという素晴らしいダイエット方法ですので始めていきましょう。

個人差がありますが、人によっては1週間で-7kg、-8kg痩せたという人もいますし、何よりも体の悪いものを吐き出させてくれるということで非常にオススメ出来て人気の高いダイエット方法です。

特に女性から人気がありますが、肥満体型の人はまずは1週間で痩せてそこから健康的に運動をして痩せていくようにしましょう。

また脂肪燃焼スープがなぜ人気が高いのかと言うと脂肪燃焼効果のある野菜が入ったスープを7日間、決まったスケジュールで摂取するだけというとても簡単に始められるという点です。

ダイエットのために何か買い揃えなくてはいけないというものでもなくスープなので基本的に野菜を切って煮込むだけでとても簡単なんです。

さらに決められたメニュー内であるならばお腹いっぱい、何杯でも食べてもいいの空腹に対するストレスはありません。

ただし基本的に決めれた食事以外のものを食べてしまったら意味が無いので脂肪燃焼スープダイエットをすると決めたら必ず1週間指定されたものだけを食べるということを守ってください。

脂肪燃焼スープのレシピ

【用意するもの】
トマト(大きめのもの)3個
たまねぎ 3個
セロリ 1本
キャベツ 半玉
にんじん 1本
ピーマン(パプリカでも可) 1個
コンソメスープの素(もしくはブイヨン、かつお節と昆布の和風だしでもよい)
おおきい鍋(一度に大量に作ったほうがコストも安い)

【作り方】

まずは適当な大きさにカットします。切り方は特にないのでお好みできりましょう。生のトマトが無い場合は400gのトマト間で代用しても良いです。

切った材料を鍋に入れてひたひたになるくらい水を入れます。

鍋を火にかけ、野菜を煮る。

コンソメの素、ぶいよん、鰹節や昆布の和風だしを入れて野菜がクタクタになるまで煮る

以上。

非常に作り方は簡単です。

脂肪燃焼スープダイエットのルール

脂肪燃焼スープダイエットをする上で必ず決められたルールに則ってください。守らないと効果が発揮されません。

1 脂肪燃焼スープダイエットの24時間前からアルコールの摂取は禁止、もしとってしまったら24時間きちんと経過してから行うようにする
2 甘味料はとってはいけない
3 ダイエット中の飲み物はコーヒー・水・お茶のみです。カロリーゼロの飲み物もダメ
4 日によって食べていいメニューが変わりますが、必ず夕食の前にスープを1杯以上飲んでから食べるようにする
5 ダイエット中だからといって決してスープの量を減らすようなことはせずにむしろお腹一杯食べるようにする

これらのルールをしっかりと守って行うようにしましょう。

脂肪燃焼スープダイエットを始める

脂肪燃焼スープダイエットは7日間のスケジュールに厳密に沿って行われます。

決められたメニューに関してはしっかりと思う存分食べるようにしましょう。

1日目:スープとフルーツのみの日

脂肪燃焼スープと、バナナ以外のフルーツなら何を食べてもよい日となっています。

また、水分は水か100%のフレッシュジュースのみとなっています。

市販されている100%のジュースの中には、糖分が含まれるものもあるため、購入の際には気を付けるようにしましょう。

2日目:スープと野菜のみの日

野菜は、豆類とスイートコーン以外は何を使っても構いませんし、調理法も油を使わなければ蒸しでも焼いてもよいです。

夕食にベイクドポテトを食べてもよいので相手は食べられないので食べておくことをオススメします。

3日目:スープと野菜とフルーツの日

スープと野菜とフルーツを、好きなだけ食べてもよい日です。

ただし、ベイクドポテトは食べないようにしましょう。

4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日

スープの他に、バナナを3本とスキムミルクを500ml飲みましょう。

それぞれ摂取してもいいですが、バナナと水、氷、スキムミルクをミキサーにかけて、バナナシェイクにして飲むと同時に簡単に取れるのでオススメです。

また、4日目は水分を多めに摂ることを心掛けて下さい。

この時に腸内環境が変わったと思うことでしょう。

5日目:スープと肉とトマトの日

350~700gの牛肉の赤身、もしくは同量の鶏肉か煮魚を食べましょう。

肉や魚が食べれるということですごい嬉しく、そしておいしく感じると思いますので味わって食べましょう。

トマトは6個まで食べてもよいですが、スープを必ず一杯以上は飲むようにする。

6日目:スープと牛肉と野菜の日

牛肉の摂取量の制限はないので、好きなだけ食べても買いませんが、スープは必ず一杯飲むようにして下さい。

また、野菜はベイクドポテト以外なら何を食べても大丈夫です。

明日は玄米を食べれると思って頑張りましょう。

7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日

玄米、野菜、フルーツジュースが食べる日です。

玄米が苦手な方は、リゾットにすると食べやすいでしょう。

これまで糖質が取れなかったので格別においしいと思います。1週間お疲れ様と言う意味で味わって食べるようにしましょう。

脂肪燃焼スープダイエットは様々な調理法が今では誕生していますが、基本はこの料理法です。

この1週間が終わったら体重はもとより腸内環境も改善されているので肌ツヤも非常にいいでしょう。

ただし、男性の場合は脂肪燃焼スープダイエットが終わったら筋トレや運動で痩せると言うことを意識しましょう。

そうしないとすぐにリバウンドをしてしまいます。

シェアする

フォローする