シェアする

筋トレや運動は絶対に無理は禁物!筋トレや運動は計画的に行う

よくやってしまいがちなのが筋トレや運動をする時に少しでも早く効果が現れたいと思ってハードなトレーニングをいきなりしてしまうことです。

また昔はスポーツ部などに所属していてハードなトレーニングをしていた人もいますからどうしても昔と同じような感覚で運動をしてしまう人が多く、いきなりハードなトレーニングをしてしまいがちです。

長年運動をしていない人がいきなり運動をしようと思ったら体もビックリしてしまいます。

まずは体を運動するぞ!これから体を動かしていくぞ!というスイッチを入れなくてはいけません。

そのためにはまず最初は散歩だったり、軽いランニングから始めるようにしましょう。

散歩やランニングの時も最初は20分ぐらいからスタートをしていきましょう。

たった20分?って思うでしょうし、実際にやってみたらちょっと物足りないぐらいだと思います。人によっては学生の部活時代は毎日1時間は走っていたから大丈夫だと思うかもしれませんが、気持ちは前向きでも体が追いついてきません。

1時間も走ってしまったら翌日は筋肉痛だったり疲労困憊になってしまいます。

そうなると翌日は走らなくなりますし、そのままもういいやって気持ちになってしまいます。

出きる事ならば運動は軽いものも含めてなるべくならば毎日行ったほうがいいです。

筋トレとかは週に2回とかですが、いきなり筋トレから始めるのではなくて最初はお腹周りがぶよってしていたり、体重も標準体型よりも大きく上回っている体型の人ならば体重を落とすことから始めることが大切なのです。

そのためにはまずは基礎代謝を上げていくことが大切です。

どんなに頑張っても最初の1週間は中々落ちないものです。なぜなら体が常に一定の体重で居ようとするからです。それなのに最初は張り切ってしまいやる気と結果がかみ合いません。

ですが、逆に1週間は中々下がりづらいのであれば無理せずにまずは体を慣らすというぐらいの気持ちで行いましょう。

ランニングなどを行っていければどうしても筋肉疲労で体が疲れていたりして疲れているときは無理にトレーニングを続けようとせずに普通に体を休みを優先するようにするようにしましょう。

最初の1ヶ月は無理をしない!ということが大切です。

最初の1ヶ月は体重は気にしないぐらいの気持ちでゆるく行うようにしましょう。

よく一週間で-10kg達成!とかいう広告を見ますが、あれは大体が誇張されていて小さな文字で『個人差があります。』と表記されていることが多いです。

また楽して痩せるといったものもよく出回っていますが、男性は本質的に食べずに痩せたりしても筋肉がないと引き締まった体にはならないのでだらしないままの体が細くなったようになります。

長期的に考えれば食べずにやせるというようなことは決して体にいいことでもないですし、筋トレや運動を無理しない程度に計画性を持って行うようにしましょう。

最初のうちに張り切りすぎてハードなトレーニングをして体重を落としてもだんだんハードなトレーニングをするのが苦痛になってきてしまいます。

1日休んでしまうとその後はあのハードなトレーニングをしなきゃいけないのか!って思ってしまいますし、体もどんどん悲鳴を上げてしまいます。トレーニングをするのがいつの間にか嫌になってしまい、ストレスを感じるようにさえなってくるのです。

人間の体はそもそもそんな簡単に痩せるようには出来ていません。

急な体重を落としたりすると色々と体に不具合が生じてしまいますし、一気に落とそうとすると体も体重を戻そうとしてきます。

そうなるとリバウンドをしてしまいやすくなります。

まずは大体1年ぐらいをかけてゆっくりと体重を落としつつ体力を蓄えるといった感覚で行うようにしましょう。

体重を落とすことで体の切れが戻り、軽く感じるのは間違いないですが、一気に落とそうとはしないようにしましょう。

いつまでも健康的な体で居たいと思ったらずっと筋トレをしたりある程度のトレーニングはこれから先は必要です。

仕事などが忙しかったり、繁忙期などで中々トレーニングにいけない日もあるかもしれませんが、なるべく週に3回から4回出来る様に計画性を持つようにしましょう。

短期に一気に痩せたとしてもトレーニングをしなくなればまた普通に戻ってしまうので注意してください。

シェアする

フォローする